お勘定の英会話

レストランでおいしくお食事をしたら、スマートに会計を済まして最後まで楽しくすごしたいものですよね。これも有効な英会話の勉強法です。

お料理がおいしく、充分いただいたら、Nothing more, thank you.(もう何もいりません、ごちそうさま)、あるいは I had had enough, thank you.(充分にいただきました、ごちそうさま)と言ってから、お会計をお願いすると気持ちがいいですね。

●Check, please. ・・・お勘定をお願いします。
●How much is the total? ・・・全部でいくらになりますか?

お勘定はテーブルの席で支払えることもありますし、レジに行って支払うこともあります。
●Can I pay here? ・・・ここで支払えますか?
●Where is the cashier? ・・・レジはどこですか?

支払いは現金かクレジットカード、あるいは海外ではトラベラーズ・チェックも便利ですね。
●Do you accept credit cards [traveller’s check]?・・・クレジットカード[トラベラーズチェック]で支払うことができますか?
●Where should I sigh? ・・・どこに署名をすればいいですか?

現金なら・・・?
●I’ll pay by cash. ・・・現金で支払います。

何か、おかしいな?と思う場合は、きちんと納得がいくよう説明を求めましょう。
●I think that the check is wrong. ・・・お勘定が間違っているように思いますが。
●What is this charge? ・・・これは何の値段ですか?
●You gave me the wrong change.・・・お釣りが間違っています。



【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」


同じカテゴリー(レストラン)の記事
 レストランに到着したら  (2008-07-04 11:30)
 レストランで注文する (2008-07-04 11:30)
 レストランでの注文上級編 (2008-07-04 11:30)
 食前酒、ワインの注文 (2008-07-04 11:30)
 食事中の会話 (2008-07-04 11:30)
 デザートの注文 (2008-07-04 11:30)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。